読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webエンジニアがアフィリエイトで稼ぐ

サラリーマンを辞めて広告収入だけで悠々自適な生活を送りたい

アクセストレードのout数をGTMで取得する

アンテナサイト

Googleタグマネージャでアクセストレードのout数を取得するサンプル
クッションページを挟む方法だとbotのアクセスもカウントしてしまい、Googleアナリティクスの結果と乖離が出てしまいます。アンテナサイトでout数を公開して不正カウント扱いされてしまうのはこのパターンが多い。
Googleタグマネージャでout数をカウントすれば、GoogleアナリティクスのPVと近い数値になるはず。

アカウント取得

GoogleアナリティクスとGoogleタグマネージャーを使うので、事前にアカウントを取得し、タグをサイトのHTML内に埋め込んでおきます。

  • Googleアナリティクス www.google.com

  • Googleタグマネージャー www.google.co.jp

サイト側事前準備

今回はリンクのURLに「_gtm_out」のパラメータが付与されていた場合にout数をカウントするように設定します。 また、aタグのdata-actionの属性にリンク先サイト毎にユニークなid(ここではドメイン名)を設定します。

<a href="http://example.com/?_gtm_out" data-action="example.com">link</a>

GTM側設定

Googleタグマネージャ上でそれぞれ以下の設定を追加。

マクロ

イベント発生元のdata-actionの値を取得するカスタムJavaScriptを作成。

f:id:shino5:20150328140754p:plain

ルール

リンクのURLに_gtm_outを含むという条件でルールを作成。

f:id:shino5:20150328141048p:plain

タグ

すべてのページでリンククリックのイベントを配信。
一部のページでのみカウントする場合は、配信ルールで制御することができます。
f:id:shino5:20150328141927p:plain

次いで、実際にイベントを発生させるトラッキングの設定。
配信ルールには先ほど作成した「外部リンククリック」を指定。
アクション名にはdata-actionの値を取得するマクロを指定。

f:id:shino5:20150328142124p:plain

公開

以上でGTM側の設定が完了したので、バージョンを公開します。

イベント確認

実際にリンクをクリックしてGoogleアナリティクスからイベントを取得できることを確認。 アクションで集計すれば、サイト毎のout数を取得することができます。

f:id:shino5:20150328143054p:plain

さいごに

PHP等からGAのAPI経由でイベントを定期的に取得すれば、サイト側でout数のランキングを表示することもできます。
自前でout数をカウントする仕組みを作るのは結構大変だけど、GoogleアナリティクスとGoogleタグマネージャーを使うことで比較的簡単に実装することができました。