Webエンジニアがアフィリエイトで稼ぐ

サラリーマンを辞めて広告収入だけで悠々自適な生活を送りたい

アダルトサイトのAMP対応

GoogleのSearch Consoleで以下のメッセージが届いていたので、
AMP対応について少し調べてみました。

XXXX の所有者様
Google では、貴サイトに AMP ページとして提供するとメリットが見込まれるページが多数あることを検出しました。AMP(Accelerated Mobile Pages)とは、モバイル端末で素早く読み込めるよう最適化された HTML ページのことです。AMP の利点について詳しくは、下記の関連資料をご覧ください。貴サイトに有効な AMP ページを用意すると、そのページは検索結果での表示対象となり、検索結果では特別なバッジを伴って表示されます。

※サイトのドメイン名の部分は伏せ字にしています

SEO効果

Googleでは現在はAMPによるSEOへの直接の影響はないとしていますが、ページ表示速度が向上することで、UXが向上し、間接的にSEOへの効果はあると思います。
企業サイトでも少しずつAMP対応のサイトは増えてきています。

JavaScriptの制限

AMPでは自作のJavaScriptは制限されており、AMP JSと呼ばれるライブラリのみ非同期で読み込むことが出来ます。 サイトのデザインやアニメーションなどは既にAMPのライブラリとして用意されているものがありますが、ASPから発行された広告タグのscriptタグ等は実行することが出来ません。

広告

amp-adなどの広告表示専用のタグが用意されています。

syncer.jp

現在はまだAMPに対応したアドネットワークは少なく、
アダルトサイトで利用できるのはi-mobile、nend、GMO SSPくらいでした。
アダルトサイトの広告の要となる、POP広告は表示出来ません。

まとめ

POP広告等が表示できない時点で答えは見えていますが、アダルトサイトではまだ時期尚早でした。AMPの仕様も頻繁に変わっているので、今すぐ対応する必要はないと思います。AMPに対応するくらいならSSL対応の方が先ですね。